クリーンルームで過ごす

異物を排除する部屋、クリーンルーム

異物を排除する部屋、クリーンルーム クリーンルームと聞くと、半導体メーカーなどで使用するイメージがありますが、近年では、健康食品や化粧品などのメーカーでも使用するようになりました。
昔は、空調費にかなりのコストがかかりましたが、最近では、省エネタイプのクリーンルームができたため、導入している企業も増えてきています。
クリーンルームは、細かいゴミや細菌などの異物を排除し、室内の湿度や温度を快適な状態に保つ部屋です。
主にほこりや、細菌などが付着することで影響がでやすい半導体製造や食品加工などの作業場として使われています。
ルーム内では人が作業する場合や、時には人の手に触れることなく製造する技術もあります。
人が作業する場合には、ほこりや細菌などがルーム内に入室する時に、エアシャワーなどで異物を落としてから入室することになります。
エアシャワーで異物はほぼ落とせますが、作業員がいい加減な場合、しっかりとほこりを落とさずにルームに入室してしまう場合があります。
そのため、作業員の教育が最も重要であるといえます。

ニーズに合うクリーンルーム清掃業者を選択するには

IT関連部品や食品を製造する企業、あるいは医療の現場においてクリーンルームは非常に重要な役割を果たします。
業務の妨げになる塵や埃を可能な限り排除した特別な部屋ですから、定期的な清掃などのメンテナンスは不可欠です。
しかしクリーンルームの清掃を依頼できるのは、特殊な技術を持っている業者でなければなりません。
通常とは違い使用する器具や方法、そして作業者の衣服にまで配慮した上でより衛生的な空間を作り出してくれる業者である必要があります。
それは例えば真空掃除機を使用し塵や埃を速やかに吸い上げてくれたり、使用する水も精製水を利用するなどといった工夫があります。
さらに作業についても一方向に向かって統一したり全員が無塵衣を着用するなど、徹底的な管理ができる業者でなければ困ります。
このように複雑な業務であるクリーンルームの清掃ですが、現在は多くの業者が参入しています。
各業者のサイトを閲覧すると、清掃方法についての詳細や作業光景の画像も掲載され非常に参考となります。
中には定期的なメンテナンスも行っている会社もあり、一層効率的なクリーンルームの管理も可能です。
ネットを利用してニーズに合った業者を選択する事が、一番重要といえます。